FC2ブログ
FX比較
主に趣味(最新ゲームから定番ゲーム、さらにはなつかしのレトロゲームまで辛口批評で紹介。)を中心に興味あることいろいろ書いていきます。
現在の閲覧者数:
主に趣味(ゲーム情報中心かな?)を中心に興味あることいろいろ書いていきます。
雑記
PS3
PSP
PSPGO普及計画
wii
NDS
XBOX360
旧世代機
ゲーム情報
えんため
レトロゲーム
みんなのふぁみこん
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
ふぁみこん年代記
心に残る音
独立起業への道
YAHOOオークション
ゲームストア
CD・DVDストア
全ジャンル一覧

最新記事一覧
オススメ商品



twitter
目指せ!500フォロー!!
フォローよろしゅう!

FC2 Blog Ranking





激安オフィス用品:楽天キラット
中古PCのデジタルドラゴン
超激安、高品質の中古PCが勢ぞろい!
eモンズ
他では買えない家電が勢ぞろい!!
金運神社(幸運・金運招来!!!!!!!
*リンクは管理人の故郷の真庭市です。-画像とリンク先は関係なし-)

最新ゲームから定番ゲームまで辛口批評(全て購入後レビュー)で紹介していきます。エンタメ情報、お勧めグッズの紹介もあります♪
個人的に感じたことをそのまま書いていますのでぜひ参考にしてください♪
基本は辛口ですが、オススメの時は声を大にしてオススメします!!
なつかしのレトロゲームの紹介もあります♪
ごゆっくりお楽しみ下さい♪♪
↓本日の話題↓

--/--(--)
 スポンサーサイト

» スポンサー広告  CM/TB  » top
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment

 ?title
 ?name
 ?blog/hp
 ?pass
[管理者に秘密文書送信→チェック]
Trackback

http://fantasiya.blog28.fc2.com/tb.php/1083-4a7c9c23

03/11(Thu)
 ふぁみこん年代記

» みんなのふぁみこん(ブログエディション)  » CM0/TB0  » top
懐かしいファミコンをふりかえる場所

ちょっとマニアックですが、いまや懐かしい、でもいまだあつい、いまでも互換本体が発売され続けるふぁみこんを紹介するコーナーを作りました。私の所有する懐かしいあのファミコンを紹介していきます♪このファミコンゲームが好き!このファミコンの音楽が一番!!とかご意見ございましたら、コチラにお気軽に書き込みください☆
まず最初はふぁみこんの歴史から紹介したいと思います。

○×-ふぁみこん年代記-△□

83年7月・・・ファミリーコンピュータという怪物が発売された日である。
当時、国内では、米国アタリ社の「アタリ2600」、エポック社「カセットビジョン」 セガ「SG-1000」など、14社におよぶ家庭内ゲーム機戦争が勃発していたのだが、一番後から出たのが任天堂「ファミリーコンピュータ」であった。
しかし、それから市場がどうなっていったのかは皆さんもご承知の通りで、ファミコンの一人勝ち時代・・・いわゆる「ファミコン黄金時代」に突入していくのである。
では、なぜファミコンが一人勝ちしたのか?それにはポイントが2つあったと思う。

ゲーム付Divx DVDプレーヤー 7900G【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1500アイテム)】
DVDはもちろん、カラオケやふぁみこんまでも楽しめるマルチプレーヤー。ふぁみこん世代にはたまらない!

<自動的に再生しない場合は再生ボタンをクリックしてください>

それは、まず値段の安さだ。当時の家庭内ゲーム機の相場は3~5万円程度で、どれもお年玉ではかなりキツい値段であった。
しかしファミコンは14800円であった。これは任天堂がカスタムチップ供給元・リコーに「2年で300万台を保証する」と提示して大幅にコストダウンしたからだといわれている。
次になんといっても質の良さだ。
どうやって実現にいたったかというと、任天堂はさっきも出てきたリコーという会社とファミコン専用ICを開発し、他社との差をつけたからのだ。
他社のゲーム機は当時のパソコン用のICであったため、色数や音など、ファミコンの物とは比べ物にならないくらいショボかったらしい。
だが、その理由以外に、他社とは明らかに違う任天堂の神髄というものがあったから生き残れたのではないかと思っている。
それは、任天堂がハード屋ではなくソフト屋であったと言うことだ。
ハードを高性能で安くしよう何てことは誰だって思いつく、しかし、それに相応するだけのソフトがなければ何の意味の無いのだ。
極端な話、たとえ本体をタダでばらまたとしても、ソフトが面白ければ、問題無いのだ。ファミコンの本体だけ持っててもしょうがないからね・・・
チョット難しい話だったかもしれませんが、そんなこんなでいよいよ激動の「ファミコン黄金時代」が到来するわけだ・・・



ファミコン黄金時代

ファミコン黄金時代をよりわかりやすくに知るため、簡単に大きく3つ分ける事にする。
・・・初期(1983~86)中期(87~89)後期(90~94)としよう。
説明すると1983年はファミコンが発売された年、1986年はディスクシステムが発売された年、1990年はスーパーファミコンが発売された年、そして1994年はファミコンのソフトが発売された最後の年だ。
なお年代区分にはいくらか諸説はあるものの、別に明確にする必要もないので、だいたいって事でご了承頂きたい。

●ファミコン初期

「初期に名作あり」これはファミコンコレクターの合い言葉である・・・
それはなぜかというと、説明するのは非常に難しいが、単なる普通の小学生(当時)にとって何もかも新鮮だったという単純な理由もあっただろうけど、なんといっても素直にゲーム性が良かった。
コントローラで主人公を動かし、敵を倒すという複雑で単純な作業が夢のようであったのだ。
初期ゲー(ファミコン初期に発売されたソフト)の良さっていうのは、単純だけど、心に染みる哀愁があるというところか。
当然そこには思い入れもあると思う、馬鹿みたいに何度も同じ面をやっては同じ所で死に、一日1時間と親に決められた規則を破って隠れてやったりとか・・・
そんなこんなで、とにかく初期ゲーはなんか特別なのだ。
話は変わって、当時の任天堂を取り巻く事情を見ていくことにしよう。
当時、任天堂はハードもソフトの自社で出すという方針であったが、ハドソン、ナムコが83年暮れに参入するやいなや、84年に出されたハドソンの「ロードランナー」ナムコの「ゼビウス」は爆発的ヒットを記録し、それぞれビルが建ったという。
こうした、いわゆる「サードパーティ」がハードの普及率を押し上げるとともに、任天堂に莫大なロヤリティ収入をもたらした。
85年にはアイレム、アスキー、エニックス、カプコン、コナミ、ケムコ、サンソフト、ジャレコ、スクエア、セタ、ソフトプロ、タイトー、デービーソフト、東芝EMI、徳間書店、バンダイ、ポニーキャニオン、と十七のソフトメーカーが新たにサードパーティに参入し、ファミコン飽和状態を予感させた。
ここで、さっき出てきたロヤリティ収入について説明する。
ロヤリティというのは著作権とか、特許権の意味で、ファミコンカセットの場合、まず、ソフトメーカーがゲームをつくると、任天堂にそれを渡し、任天堂がROMに焼き込んで返すという方式で、メーカーはそれに箱・説など付けて一次問屋におろす。
この一連の流れで発生するお金のコトだ。
まず任天堂はROMを大量に発注する。
ROMの原価は大量に発注して700円前後、任天堂が焼き込んで代えす手数料みたいなものが1600円。
卸価格が小売価格の55%として2750円、箱・説などが100円前後としてソフトメーカーが手にのする1000円前後。
任天堂の一本あたりの取り分が900円だから、100円ぐらいしか、かわらないのである。(参考文献より)データは87年のものではあるが、いかに任天堂が儲かってるのかがわかる。

そんなこんなで、86年、任天堂はディスクシステム発売という冒険で奇跡の時代に突入する。



ディスクシステム投入の謎 ~奇跡の時代~

1986年2月、任天堂は「ディスクシステム」を発売した。
その「ディスクシステム」っていうのが、なかなかの曲者で、クソゲーならぬクソシステム とか、任天堂の勇気と陰謀の結晶とか、言われている。
では、なぜ任天堂はこの「ディスクシステム」を発売したのだろうか?
前項で記述したロヤリティ方式を思い出してもらいたい、任天堂はソフトメーカーの作るゲームソフトの売り上げの一部をもらっていた。
しかしながら、それが逆にクソゲーの氾濫という致命的な問題を引き起こしてしまった。
さらに当時は出せば売れるという時代・・・
そうした現実がまたたくまにソフトの質を落としていったという事実は言うまでもない。
出せば売れるので早く出したいがロヤリティ方式のおかげで開発するにも金がない・・・
まさに悪循環だ。
ようするに任天堂が恐れていたのは「アタリショック」(後述参照)なのだ。
そんな状況だからディスクを投入したのだと考えられる。
最大の特徴である書き換えができるというシステムでクソゲーを自然淘汰していこうとしたのだ。
また、ディスクには低価格、大容量というメリットもあった。そして最大の目的はサードパーティの徹底的な支配である。
任天堂がソフトメーカーに提示したディスクの契約条件は著作権をも共有しようという内容だったのだ。
その結果、発売当初こそ売れたが、早くもその年にピークに達し、87年に75万台、88年に29万台、89年には、わずか11万台に激減し、その後は幻のように市場ごと消え失せたのである。
一番の原因は有力なサードパーティの協力を得られなかった事であろう・・・
現にハドソンやナムコなどはディスクに参入していない。
結局、余計クソゲーが増えてしまったのである。
また、一方で半導体の急速な進歩により大容量ROMが出てきた事も原因の一つと考えられている。
どっちにしろ書き換えが500円で小売店の利益が100円だなんて・・・
「ディスクシステム」は言ってみればファミコンユーザーと任天堂だけが嬉しいシステムだったのだ。
しかし、そんなシステムが平気でまかり通っていた時代があったのも事実なわけで、ディスクライターとかそこらじゅうに置いてあったし、まさに奇跡の時代だったのかなあなんて思ってる。
また、そんな時代の真っ只中に・・・
さらに、小学生という貴重な時代に、ファミコンをやれたというコトだけでも、なんか感動と言うか、強烈なトラウマ的優越感というか・・・
その時代のその年代にしか感じる事のできないコトを体験できて幸せに思っているのは僕だけかな?



●ファミコン中期

ファミコン中期は円熟の時代・・・
創造性と独創性の世界。
86年の「ドラクエ」を筆頭に「ファイナルファンタジー」 「ファミスタ」「ガチャポン」など数え切れないくらいの名作シリーズが発表され、さらに数え切れないくらいのクソゲーが大津波となって日本中を沈没させた。
もちろんディスクにも名作はたくさんある。
また、「ファミリートレーナー」(86年)や 「ツインファミコン」(86年)がでたのもこの時期だ。
一方でメディアの方もファミコン一色といった感じではなかっただろうか?
ジャンプにドラクエの攻略記事が載りだしたのもこの時期だし、「ファミマガ」も絶好調でウソテククイズなど、名物コーナーも思い出深い、また全国各地でファミコンのイベントが開催されたりした。
とにかくこの時期はファミコン黄金時代の絶頂期であったことは間違いない。
だが、いつのまにか「名作一本の影に、クソゲー100本あり」ということわざが示すとおり、クソゲー比率が90%を突破した。

スーファミ投入の謎 ~終焉の時代~
みなさんは「アタリショック」と言う言葉はご存知だろうか?
経済なんかに興味のあるひとは聞いた事があるかもしれない。
これは米国の経済の授業では必ず習うコトらしい。
アップルやコモドールと同じくベンチャーとして始まったアタリ社は77年に 「アタリCVS」という家庭用ゲーム機を発売した。
81年までに全米で1200万台、約5000億円の売り上げを記録するが、この年を境にゲーム市場そのものが消滅してしまった。
その理由は開発力のないサードパーティが多数参入してしまったり、アタリ社自身の有能なプログラマが次々と引き抜かれたりしたためだ・・・
「おお!まるでファミコンじゃないか?」と思ったヒト、実はファミコンがアタリみたいだったのだ。
任天堂はアタリショックを「アタリの教訓」として 発売点数制限やライセンス契約などを行っていた。
まあファミコンの場合、消滅したというよりさせたと言う方が正しいが・・・
そこら辺のところは後で述べるとする。



●ファミコン後期

90年11月20日。度重なる発売日延期をへて「スーパーファミコン」が発売された。
そのころファミコン市場は既に人気ソフトとクソゲーの間に完璧な線がひかれていた。
その理由として考えられるのは、ファミコンと共に成長して行った僕たちの年代の目が異常に肥えてきてしまったということである。
また、任天堂のサードパーティの方も100社を越え、任天堂の市場コントロール効力が作用しなくなったからという見方もある。
この二つの因果が複雑に絡み合い、問屋や小売店も売れる人気ソフトしか扱わなくなり、一層この現象に拍車がかかったのである。
その被害者となったのが、そんな波に埋もれてしまった 「秀作ソフト」達である。
実際の話、今現在ネットオークションなどでファミカセが流通しているが、90年代以降に発売された物の中でこうした「秀作ソフト」は比較的希少価値が高い物が数多く存在する。
それはこのような現象のためであったのだ。
91年に発売された「メタル・スレーダー・グローリー」 (高い時は5万円前後の値段が付いたプレミアファミカセの代名詞)などは、その代表的なソフトであろう。
「ファミコン氷河期」(ファミコン後期も終わって、こんにちの再評価時代にうつりかわる一時期)には捨て値で売られていたという話をよく聞く。
さて、話は任天堂の方にうつるが、ディスクでコケた任天堂は再び力をつけてきた他社の製品(メガドライブとか、PCエンジン)を牽制しつつ、ゲームボーイでひとやま当てつつ、あいかわらず、「アタリショック」という亡霊に頭を痛めていた。
と言うより今までそれをかかげ、ライセンス契約など行ってきたのだから、この時期にスーファミを投入したのも全て計算であったと考える方が正しい。
要するにファミコンをスーファミで抹殺したのだ。
ファミコンにはまだまだ「ドラクエⅣ」のような名作をだす力は残っていたし、任天堂自身も93年「NEWファミコン」なるAV端子使用のハイファイなファミコンも発売した。
なのになぜ「スーファミ」なんだ?「アタリショック」を自らの手で行って、新たにサードパーティを再編成し、また 「スーファミ黄金時代」でもつくる予定だったのであろう・・・

後に時代は「ファミコン氷河期」になり、そして現在の「ファミコン再評価時代」に移り変わりました。
これからファミコンの未来はどうなってしまうのであろうか?

たった一人のファミコン少年より

これはかなりお勧めです。まさにマルチプレーヤー!カラオケやふぁみこんまでも楽しめちゃいます。ふぁみこん世代にはたまらない!
Comment

 ?title
 ?name
 ?blog/hp
 ?pass
[管理者に秘密文書送信→チェック]
Trackback

http://fantasiya.blog28.fc2.com/tb.php/1083-4a7c9c23

話題の新商品を紹介します!
~プレイステーションワールド特集~
PlayStation 3(160GB) クラシック・ホワイト(CECH-2500ALW)
PlayStation 3(160GB) クラシック・ホワイト(CECH-2500ALW)
PS3は、世界で約3800万台(http://www.vgchartz.com/)を出荷している家庭用ゲーム機で、ブルーレイディスクの再生機能を備え、高解像度のCGでゲームを楽しめるのが特徴。他にもインターネットに接続してソフトをダウンロードしたり、携帯ゲーム機「PSP」と連動させることもできる。今すぐゲットしよう!!
torne(トルネ)(CECH-ZD1J)
torne(トルネ)(CECH-ZD1J)
「torne」(トルネ)をPS3に接続することにより、地上波デジタル放送の視聴、録画が簡単に行えるようになります。さらにゲーム、ブルーレイ、インターネット視聴中も録画できますので、「torne」(トルネ)を導入することでPS3が凄い家電へと進化します。話題沸騰中です!!
PlayStationMove BIG 3 GUN SHOOTING パーフェクトパック 特典 PlayStation Moveオムニバス体験版付き
PlayStationMove BIG 3 GUN SHOOTING パーフェクトパック 特典 PlayStation Moveオムニバス体験版付き
「PlayStationRMove BIG 3 GUN SHOOTING パーフェクトパック」には、PlayStationRMoveモーションコントローラとPlayStationREye、対応ソフトウェア『BIG 3 GUN SHOOTING』(株式会社バンダイナムコゲームス)に加え、シューティングゲームなどで照準が定めやすく、快適に操作できるシューティングアタッチメントをセットにする事で、更に臨場感溢れるゲームプレイをお買い得な価格でお楽しみいただくことができます。

全国のオススメお宿

DMM.com DVD通販&レンタルの総合エンターテイメントサイト
DVD/CD/コミックレンタル、通販、動画配信で楽しむ総合エンタメサイト!
全てのエンターテイメントが自宅にいながら体験できる。「ネットで借りて自宅に届きポストへ返却」でおなじみのレンタルはもちろん見たい動画だけえらべる「動画・月額動画サービス」や「電子書籍」「ゲーム」ダウンロード、通販そしてTVで楽しむ「DMM.TV」と全てのエンターテイメントはここにあつまる!!
★お小遣いで十分足りる★【送料無料】液晶付MP3/WMAプレーヤーtypeB☆1575円☆
●microSD/microSDHCカードに保存されたMP3、WMA形式の音楽データを再生できます。●ボイスレコーダ機能搭載●日本語ファイル名表示可能●付属のUSBケーブルにて充電(充電まで約3時間)、カードリーダーが可能です。●USBケーブルによって曲の転送が可能です。●microSD対応、microSDHCは、32GBまでテスト済みです。●初期動作不良は商品到着後1週間保証致します。
【送料無料】薄型充電式MP4/WMAプレーヤーtypeA【4GB】☆1575円☆
・変換ソフトなしでMP3ファイル、WMAファイルの再生が可能 (保護されたWMAファイルは非対応)薄さたったの8mm!充電式で小型・薄型です。FMチューナーとレコーダーを内蔵しています。マイク入力により録音が可能です。多言語対応(日本語/英語/中国語/韓国語/フランス語/ドイツ語/スペイン語等)簡単なゲーム、電子ブックブラウザが搭載されています。内臓リチウム電池ですぐに使えます。USBは2.0でスピーディ!再生可能ファイル MP3、WMA、ASF、WAV、WMVなどWINDOWS98/SE/ME/2000/XP/VISTA/7、MACOS、Linux


夢の実現にご協力ください
独立起業への道

Yahoo!Auction出品ページへ
楽天市場出品ページへ
powerd by ふぁんたじや
COPYRIGHT SINCE 07.2004 ふぁんたじや (M)VerXX.5.ALL RIGHTS RESERVED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。